ACTIVITY

2018.04.25

【座りっぱなしのデザイナー】姿勢矯正体操に挑戦!その2

デスクワークによる体の不調を改善する体操、下半身編スタート!

通勤などの移動時間が省略できるのがフリーランスの魅力のひとつ。
でもそれによって運動不足になってしまう方が多いのも事実です。

前回の記事では、Webデザイナーのkazuさんが、エステティシャン&ピラティス講師の梅澤さんに、上半身のコリほぐしを教わりました。
今回はその続編。座り続けてカチコチになった足腰をほぐしていきます!
(Writer: Aya404)

スポンサーリンク

下半身は、特に固まりやすい脚の後ろ側を集中的にケア

梅:さて、kazuさん。
上半身の体操はこのくらいにして、次は下半身をほぐしていきましょう。
デスクワークの方のほとんどが陥る「脚の裏のコリ」を解消していきます。

カ:「足の裏」ですか。

梅:「脚の裏」です。太ももとふくらはぎの後ろ側ですね。

カ:あっ。なるほど。そっちですか。
足つぼで押される場所かと思いました!

脚裏のストレッチに加えて筋トレもできる万能体操

梅:じゃあ、この体操からやっていきましょう。
kazuさん、まず長座の姿勢になってみてください。

カ:ちょ、ちょうざとは…。

梅:座った状態で、足を前にまっすぐ伸ばす姿勢ですね~。

カ:…先生、さっき「まず」って言いましたよね?
なんか僕、足をまっすぐ伸ばす、の時点でつらいです。

梅:脚の裏が固まっている方は、はじめは難しいかもしれません!
できる限りでいいのでやってみてください。

カ:はい…(消沈)

カ:なんか僕、悲しくなってきました。
普通の人って、足がぺったり床につくのが普通なんですか…?

梅:いえ、できない人もいっぱいいますよ!
でも確かに、kazuさんは固い方かもしれませんね。
でも仕方ないんです。デスクワークって、長時間脚を直角に曲げた状態でいますから。
伸ばす動きは自然と苦手になってしまうんですよ。

梅:さて、脚はこれから少しずつ伸ばせるように練習するとして、このポーズではもうひとつ、矯正できる場所があります。いや、2つかな?

カ:おお、そうなんですか。一粒で3度オイシイってやつですね。

梅:そういうことですね!
kazuさん、その姿勢から、背筋をピーンと伸ばしてみましょう。
背中に力を入れて、ピーン!

カ:ふんっ…ピーン。

梅:背筋をまっすぐにするには背中だけでは不十分です。
お腹にも力を入れて! 前後の筋肉で体を真上に持ち上げて!

カ:ふ…ふんっ。…き、キツイ!!
ただ座ってるだけなのに腹筋も背筋もプルプルします!!

梅:でしょう! 脚の裏が伸ばせて、腹筋も背筋も鍛えられる、一粒で3度オイシイ体操です!

カ:正直、一粒って呼べるボリュームの辛さじゃないですけどね~!!

スポンサーリンク

脚の付け根の前側も、座りっぱなしだと固くなりやすい部分

梅:では、次の体操へ。
四つん這いの状態になってから、片足を大きく前に出せますか?
ひざは腕の外側、手と足が隣にならぶように。

カ:こうですか…ふんっ!

梅:いい感じです!
そしたら、今度はその足の後ろを通るように、さらに腕を外側へ!

カ:んん!? …こう、ですか!?

梅:そうそう! そうです!
それで前に出した足をガッチリ固定できます。
そしたら…

カ:まだあるんですか!?

梅:まだあります!
後ろ側の足、今、膝をついてますよね?

カ:まさか…

梅:まさかです! ぐっと踏ん張って!
…膝を浮かせて、足をまっすぐ後ろへ伸ばしてください!

カ:ぬおおお!

梅:きれいです、kazuさん!
そしたらそれを…キープ!

梅:ゆっくり、10秒くらい!
あっ、息は止めちゃだめですよ!
ゆーっくり、深く呼吸しながら!

カ:ふんー…、ふんー…!!

梅:どうですか?
このポーズ、脚の付け根の前側がすごく伸びると思いません?

カ:伸びてる…のかはわかりませんけど、確かにそこがすごくキツイです。

梅:きつく感じるということは、きちんと刺激が伝わっているということですね!
ここも、デスクワークをしていると同じ角度のまま固まってしまう筋肉です。
固まって可動域が狭くなった筋肉をほぐすと、それだけで代謝が上がって痩せやすくなりますよ。

カ:そういわれると…万年ダイエット中の身としては俄然やる気が出てきますね。

梅:あっ。でも、痛みを感じるようなら無理しないでくださいね。
筋肉を痛めてしまうと、回復するまで他の筋肉でかばいながら生活することになってしまって、歪みを促進させてしまうので。

カ:了解しましたー!

スポンサーリンク

壁を使った体操では体を固定しやすい

梅:次の体操は壁に手伝ってもらいます。
まずは、寝転がった状態で、壁にお尻をつけて、足をまっすぐ上に伸ばして。

カ:こうですか…
よいしょー!

梅:さて、kazuさん。
ここからさらに、お尻を浮かせていきましょう。

カ:お、お尻を…!?

梅:ちょっと踏ん張りどころです!
壁にお尻を歩かせて、体を支える場所を、背中全体から、肩甲骨へ!

カ:くっ…!

カ:できました…!
できてます、僕! 先生!

梅:できてますね、kazuさん!
ではここから、

カ:まだ終わりじゃないんですか!?

梅:終わりじゃないです!
ゆっくり…片足ずつ…自分のほうへ引き寄せてキープします!
この体操は、壁なしでやると、体が負荷から逃げるために曲がってしまいやすいんです。
壁にしっかりと体を支えてもらってください!

カ:ウウゥ…!

スポンサーリンク

梅:さて…。どうやらkazuさんは下半身がかなり弱いみたいですね。

カ:先生…。前回の記事で、僕は肩甲骨が弱いって言ってましたよね。

梅:下半身がさらにその上を言っていたみたいです(笑)
というわけで、レッスン時間がまだ残っているので、さらにいくつか体操を教えていきましょう!

カ:は、はい…ひえ~。

下半身矯正体操、続編を待て!

というわけで。
下半身が歪んでコチコチになってしまっているkazuさんの矯正レッスンはもう少し続きます。
今回の矯正体操を行いながら、次回をお待ちください!

今回kazuさんが行った体操はこちら

PROFILE

梅澤香
(Kaori Umesawa)

美顔専門、トータルビューティー、ダイエットサロンと、10年の中で大手サロン経験・店長経験を得てから、個人サロンを開業。

中目黒 プライベートサロン
welina.k

THEMETHOD 講師認定エステティシャン 取得
AEA上級認定エステティシャン 取得
BASI ピラティスインストラクター資格 取得

【あなたの為に組み立てる。オーダーメイドのビューティープログラム】
ダイエット・アンチエイジングを、筋膜・美骨矯正を中心にオールハンドにて行い、結果サポートとしてピラティスからストレッチも1人ひとりに合わせていきます。

http://welina-k.com/

スポンサーリンク