ACTIVITY

2018.05.29

【座りっぱなしのデザイナー】姿勢矯正体操に挑戦!その3

デスクワークによる体の不調を改善する体操、下半身編まだまだ続きます!

早くも連載3回目!
万年デスクワークのデザイナーkazuさんと、エステティシャン&ピラティス講師の梅澤さんによる自宅でできる体操講座。
今回も、普段動かさないせいでコチコチになってしまった下半身の筋肉をほぐしていきましょう!
(Writer: Aya404)

スポンサーリンク

◆生徒はもうへとへと

梅澤(以下、梅):kazuさん、お疲れさまでした。
もう壁から体をおろしても大丈夫ですよ!

kazu(以下、カ):た、助かった…ヒィ!

カ:しんど…。

梅:体はゆっくり降ろしましょう!
首を痛めちゃいますよ~!

カ:気を付けまぁす…。

今回は小休止がわりに、負荷が低めの体操を

梅:そうですね、kazuさんここまで頑張ってきましたから、今回は少しだけ楽なポーズを入れていきましょうか。
寝転がりながらできる体操と、あぐらでできる体操です。

カ:あ、先生。それ、助かります。
すっごく助かります!

梅:kazuさん、目が輝きましたね!(笑)
それでは、さっそく寝転がったポーズから、やっていきましょう。

カ:了解でーす!

◆寝ながらできるストレッチ。ただし脚裏への負荷は大きめ

梅:ではkazuさん。さっそく寝転がってみましょう。

カ:ハイ! あ~、生き返りますね。

梅:そのまま寝ちゃだめですよ!(笑)
しっかりと背中全体を床につけたら、片足を上げて膝裏をしっかり持ってください。

カ:こうですか?

カ:…。あれ? なんか意外とキツくないですか? これ。

梅:そうですね。体は寝ているので楽だと思いますが、脚裏への負担は、先ほどの壁を使った体操より上かもしれません。
そのまま手で膝裏を固定して、足をぶらぶら、揺らしてみましょう。

カ:なんですって…。くっ…。

カ:あだだだだ!

梅:筋を痛めてしまいそうなら無理しないでくださいね!
体と相談しながらゆっくりやってください。
膝裏を起点に、ふくらはぎの裏と太ももの裏、両方が伸びているのを感じられると思います。

カ:の、伸びてます伸びてます!
キッツー!

梅:これまでの体操で、慣れない動きをしてそれなりに体に負荷がかかっているはずなので、収縮した筋肉をしっかり伸ばしてあげてくださいね。

カ:は、はい~~~~!

スポンサーリンク

股関節の凝りはあぐらで解決

カ:楽だって聞いてたのにひどい目にあった…。

梅:ごめんなさい!
でも、体全体にかかる負荷は少なかったでしょう?
次はあぐらの姿勢で行う体操です。
今回は本当に楽だと思いますよ。

カ:本当ですか~?

梅:本当です!
kazuさん、床にあぐらをかいて、足の裏をぴったりとくっつけてください。
そしたらその状態で、足をパタパタと上下させる。これだけです。

カ:…あっ。本当に楽だ。

梅:ですよね! これは股関節をゆるめる体操です。
股関節も、デスクワークをしていると固まってしまう代表的な場所ですね。
kazuさん、理想は、両膝が床につくことですよ。

カ:あー…。それは、無理ですね。

梅:大丈夫。毎日コツコツやっていれば、そのうちつくようになります。
股関節がしっかり緩むと、すっくとまっすぐに美しく立てるようになります。
スーツ姿などがすごく映えるようになるんですよ!

カ:あっ。それ、いいですね。
僕も客先に出るときは、やっぱりピシッとしたいので。

次回はいよいよ最終回!

梅澤さんとkazuさんの姿勢矯正体操も残すところあと1回。
次回を楽しみにお待ちください!

スポンサーリンク

今回kazuさんが行った体操はこちら

PROFILE

梅澤香
(Kaori Umesawa)

美顔専門、トータルビューティー、ダイエットサロンと、10年の中で大手サロン経験・店長経験を得てから、個人サロンを開業。

中目黒 プライベートサロン
welina.k

THEMETHOD 講師認定エステティシャン 取得
AEA上級認定エステティシャン 取得
BASI ピラティスインストラクター資格 取得

【あなたの為に組み立てる。オーダーメイドのビューティープログラム】
ダイエット・アンチエイジングを、筋膜・美骨矯正を中心にオールハンドにて行い、結果サポートとしてピラティスからストレッチも1人ひとりに合わせていきます。

http://welina-k.com/

スポンサーリンク