STUDY

2017.09.07

癒し系税理士アカギのもう怖くない!税金のちょっといい話 第1回/まずはごあいさつ

まずはごあいさつ

はじめまして。
これからこちらで連載をさせていただく税理士の赤木と申します。

税理士1年目の確定申告無料相談会。
申告を終えた80代夫婦が発した「今夜は赤飯を炊きます。ありがとう。」の言葉、その時の安堵した表情。
こんなにも荷が重いものなのかという驚きとともに、それでも納税という義務を果たそうとする姿が強く胸に焼き付き、その光景が私の税理士としての出発点になっています。

皆、税金を正しくきちんと納めたいという気持ちを持っています。
(そりゃできれば少ない方がいいけれど・・・。)

そうはいっても、“分からないという漠然とした不安”、“申告しなければならない義務”が、もやもやじわじわと心にのしかかり、大きなストレスとなっています。
すべての責任と負担を日々ご自身で受け止めて仕事をされるフリーランスの皆様においては、ことさら税の問題は、いつも心の端っこの方にある、触れたくないけど触れないといけない部分なのではないでしょうか。

「税金に関わる不安を安心に、もやもやをクリアにすること」を使命に少しでも肩の荷を下ろして本業に専念していただけるよう、“そこは任せて!”という気持ちで、日々顧問先様とお付き合いをさせていただいています。
限られた紙面ではありますが、何か一つでも有益な情報をお届けできたら幸いです。

はじめは総論的な大きなお話から、徐々に細かい各論に、時折リアルタイムな話題もおりまぜながら、更新していければと思います。できる限りくだけた表現で分りやすくお伝えすることを心がけています。
また、当然ではありますが、税についての考え方は種々様々で、こちらでご紹介するお話は、私の個人の考えに基づくものであることを、念のため付け加えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

PROFILE

影近・前田税理士法人
赤木葉子

新卒でコンビニの店舗運営部に入社するも、ハードワークに将来を悩み転職。シンクタンクの財務経理部に入るも、単純作業に心が折れ退職。資格で生きることを思い立ち、経験を蓄積できて様々な方とお付き合いのできる税理士に魅力を感じて会計事務所に就職。
顧問先様の“心地よさ”を重視した節税提案をモットーとしています。隠れ目標は、大事なものを大切にしながら働くことを諦めない業界にすること!
趣味は登山(次注目する山は甲斐駒ヶ岳)、剣道(四段に向けて修行中!)、運転(気になる車はプジョー3008)です。

スポンサーリンク